矯正歯科

歯並びを整えるための矯正治療は、歯に矯正用の装置を装着して歯を動かし、歯並びを整えます。しかし矯正装置がギラギラと目立つから気になる・・・という声がよく聞かれます。このような矯正装置の見た目のコンプレックスを改善する、目立たない矯正方法や矯正装置についてご説明します。

矯正歯科

矯正装置の種類と特徴

従来の矯正治療と装置
従来の矯正治療と
装置
歯並びの乱れや噛み合わせを整える矯正治療として最も一般的な方法は、ブラケットとワイヤーによるワイヤー矯正で、ほとんどの症例に対応することが可能です。ブラケット、ワイヤーともに金属を使った歯列矯正は、口を開けたときに金属がギラギラと見えて目立ってしまうことが大きなデメリットです。
クリアブラケットによる矯正装置
審美ブラケットによる
矯正治療
プラスチックやセラミック素材を使った審美ブラケットを使用することで、装置を目立たなくすることができます。当院では審美ブラケットと白いワイヤーを組み合わせて使用しており、従来のワイヤー矯正装置に比べ非常に目立たない方法で治療を行っています。
裏側矯正(リンガル矯正)
裏側矯正(リンガル矯正)

歯の裏側に矯正装置を装着して歯並びを整える歯列矯正です。歯の裏側に装置をつけるため、口を開けたときも装置が見えることはありません。デメリットは、費用が高いこと、慣れるまで違和感を覚えたり、発音しにくくなるところです。
ハーフリンガル矯正
ハーフリンガル矯正
唇側の装置と裏側の装置を組み合わせた矯正治療です。上の歯は裏側に矯正装置を、下の歯は唇側に矯正装置を装着し、歯並びを整えていく方法です。
部分矯正
部分矯正
歯並び全体に装置を付けるのではなく、一部の歯にのみ装置を装着して歯並びを整える方法です。
マウスピース矯正
マウスピース型矯正装置
取り外し式の透明なマウスピース型矯正装置(インビザライン、薬機法対象外)による矯正治療です。装置を目立たせずに矯正治療を進めることが出来ます。また取り外し式であることから食事なども行いやすく、衛生的です、そしてホワイトニングを同時に行うことも可能であることから、歯並びを整えながら、歯を白くすることもできます。症例により向き不向きがあるため、ご相談の上でワイヤー矯正をお勧めすることもあります。
*完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

矯正治療で、歯と体の健康を整えましょう

歯列矯正の目的は、歯をきれいに並べることだけでなく、噛み合わせを正しく整えることです。いくら歯並びがきれいになっても、最も大切な噛み合わせが整わなければ、矯正治療の本来の目的を達成することはできません。
自分に合った矯正治療の方法で、歯と体の健康を整えましょう。

PAGE TOP