失った歯を取り戻したい

ひどい虫歯や重度の歯周病で歯を残すことができない場合、残念ながら抜歯となってしまいます。しかし抜歯で治療が終わりというわけではありません。失ってしまった歯の機能を回復させることが大切です。失った歯の機能回復には入れ歯、ブリッジ、インプラントがあり、それぞれどのような特徴があるのか比較をしながらお話をしましょう。

失った歯を取り戻したい

このようなことでお悩みはありませんか?
歯を失ってしまったが、安価で治せないか
早く失ったところに歯を入れたいけど、どの方法がいいの
入れ歯とブリッジ、どう違うの
インプラントは入れ歯とブリッジとどう違うの

入れ歯(部分入れ歯)

入れ歯(部分入れ歯)

メリットメリット

部分入れ歯は取り外し式の義歯で保険適用のものと自費のものがあります。比較的短い期間で噛む機能を回復することが可能です。またほとんどの歯科医院でできる治療であり、腕の優劣は別として、誰でも治療が可能です。取り外し式のためお手入れが行いやすいこともメリットです。特に高齢者や持病をお持ちの方は、入れ歯による治療が最も手近と言えるでしょう。

デメリットデメリット

部分入れ歯の最も大きなデメリットは、インプラントやブリッジと比べて咀嚼力が弱いところです。そしてバネをかけている歯が大きなダメージを受け、将来的にその歯も失ってしまうリスクが高いことも懸念材料です。
それ以外にも、顎の骨が次第に吸収されてしまうため、入れ歯がだんだん合わなくなってきます。特に保険適用の入れ歯は製作工程が複雑でない分、個人個人にぴったりと合った入れ歯を作ることは困難なのです。
自費治療の入れ歯は製作工程が複雑で、細かな微調整やバネのないタイプのものなど、機能面や審美面が保険のものより優れているものが多い分、選択肢が広がります。

ブリッジ

ブリッジは土台の歯にブリッジを被せて機能を回復させる治療法です。ご自身の歯と同じような自然な見た目と噛む力が強いことが特徴です。

ブリッジ

メリットメリット

噛む力が強く、しっかりと咀嚼できることは大きなメリットです。また入れ歯のように金具などがついておらず、口の中に装着しても見た目に大きな違和感はありません。また保険適用が可能であるため、入れ歯同様どこの歯科医院でも治療ができます。また治療期間も短く、保険適用のブリッジなら最短2回で治療が可能です。

デメリットデメリット

ブリッジの最大のデメリットは、何と言っても健康な歯をたくさん削らなければならないことです。健康な歯を土台とするため、歯を削ることは必要不可欠なのです。健康な歯を削り土台とすることは、将来的に歯を失う可能性も高まります。また噛むたびに土台の歯に負担がかかります。
そして清掃面でも問題が生じてきます。取り外し式の入れ歯と異なり、ブリッジは固定式のため、お手入れが難しくなり食べかすなどが残りやすくなります。その結果口臭が強くなる、歯周病になりやすいなどのデメリットが生じてきます。
保険適用の場合、前歯のブリッジは表側が白く内部が金属素材、奥歯のブリッジは金属素材の銀歯になります。特に奥歯のブリッジが銀歯の場合、強度が強すぎて対合の歯を痛めることがあります。
なお自費の場合、セラミックなどを使った審美性の高いブリッジの作製が可能です。

インプラント

失った部分に人工歯根を埋め込み、人工歯を装着する治療です。

インプラント

メリットメリット

噛む機能と審美性を兼ね備えた治療がインプラントです。噛み心地はご自身の歯と変わらないくらい自然であり、入れ歯やブリッジに感じるような違和感がほとんどありません。
また失った部分のみ治療を行うため、他の歯に影響を与えません。またきちんとお手入れを行い、メンテナンスを受けることで長く使うことができることも、インプラントのメリットです。

デメリットデメリット

インプラントのデメリットとして最初に挙げられることは、外科手術を伴うことです。特に総入れ歯の方のためのオールオン4などは、半日以上時間を要するため、患者様の負担が大きくなります。また全身疾患がある場合、インプラントの手術が難しい場合があります。そのため入れ歯やブリッジと比べ、誰でも行える治療ではないと言えます。
またインプラントは特殊な場合を除き、自費治療となります。費用は歯科医院により異なりますが、一本あたりおよそ30~45万円くらいが相場と言えるでしょう。
治療期間も、入れ歯やブリッジと比べてかなりの時間が必要となり、4~8ヶ月くらいかかります。
インプラントはとても優れた治療法ですが、このようなデメリットを理解した上で、インプラント治療を受ける必要があります。

ご自身にあった治療法を選びましょう

どの治療にもメリットとデメリットは存在します。各治療法の特徴を理解した上で、ご自身のライフスタイルや要望にあった治療を選択し、今ある歯を大切にするようにして下さい。

PAGE TOP